*

グレーの歩き猫を木彫りで作りました

公開日: : 木彫り, 猫芸術 ,

先月、バンナイリョウジさんの個展で買ったキジトラの木彫り猫を参考に、キジトラ白猫の歩き猫を作りました。お手本よりも、一回り大きくなりました。

歩くキジトラ白猫とバンナイさんの猫

グレーの毛色のグレコちゃん

今回は、グレーの毛色の歩く猫を作りました。今度はお手本よりも、一回り小さいです。

歩き猫

目の色はグリーン、体の色はグレーにしました。

グレーの木彫り猫

むちむちっとした体になりました。

グレーの木彫り猫左

彫刻家・はしもとみおさんの「はじめての木彫りどうぶつ手習い帖」によると、木目を縦に、モデルが横向きに座るか立つように入れると彫りやすいそうです。

木取り

東急ハンズで売られているヒノキの端材を使っていますが、歩く猫を作れるサイズと木目の木が入っていることは少ないです。

東急ハンズの端材

ちょうど細長い木があったので、しっぽまで一体型にすることができました。
キジトラ白の歩き猫のしっぽは、別に作って、つまようじで連結しました。

グレーの木彫り猫後ろ

名前は「グレコちゃん」にします。

グレーの木彫り猫右

いつも、まぶたがいつもギザギザになってしまいます。塗るときに気づくんですよね。
次からは、もっと丁寧に仕上げようと思います。

グレーの木彫り猫

たまきと木彫り猫

たまきがクッションの上で毛づくろいしているところに、木彫り猫を置いてみました。

たまきと木彫り猫

後ろにはくまがいました。

くまとたまきと木彫り猫

グレコちゃんの鼻をにおって、挨拶していました。

木彫り猫の鼻をにおうたまき

その後、毛づくろいに戻りました。たまきの動きで木彫り猫は倒れました。

毛づくろいするたまき

木彫り猫を噛むたまき

グレコちゃんをあらためて持って、たまきに見せたら、耳をにおっていました。

木彫り猫の耳をにおうたまき

そして、左耳に噛みついていましたΣ(゚∀゚ノ)ノ

木彫り猫の耳に噛み付くたまき

さらに噛むたまき。

木彫り猫の耳に噛み付くたまき

慌てて離したところ、

木彫り猫のしっぽをにおうたまき

しっぽの先っぽにも噛みつきました。

木彫り猫のしっぽを噛むたまき

しつこく噛んでいました(^_^;)
歯形はつきませんでしたが、危なかったです。まさか、木彫り猫を噛むとは思いませんでした。

木彫り猫のしっぽを噛むたまき

まだワックスは塗っていませんが、アクリル絵の具は体に良くないのでは…。
想定外の行動をするたまきさんでした。

レクタングル大

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巣巣ではしもとみおさんの個展「机の上の猫と犬」を見ました

はしもとみおさんの個展「机の上の猫と犬」を見てきました。世田谷区等々力にある雑貨店「巣巣」で、4/1

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「港のネーコ・ネコはま・ネコすき2」でバンナイリョウジさんの木彫り猫を見ました

「港のネーコ・ネコはま・ネコすき2」を見に行きました。 会場は横浜・石川町のアートギャラリーATH

記事を読む

たまきと入場券

写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」を西武池袋本店で見ました

年末年始は各地で岩合光昭さんの写真展が行われていましたが、チケットをもらったので、彼とふたりで西武池

記事を読む

キジトラ猫さん木彫り

バンナイリョウジ個展「小さな木彫りのねこ3」を見に行きました

小さな木彫りの猫を作っているバンナイリョウジさんの個展を見に行きました。 会場は以前も個展が開かれ

記事を読む

小鉄とジュニア

「じゃりン子チエ」の愛すべき猫バカキャラクター

はるき悦巳さんの漫画「じゃりン子チエ」に出てくる猫は二本足で歩きます。額に三日月があるのが小鉄で、首

記事を読む

猫侍

白猫の玉之丞がかわいい映画「猫侍 南の島へ行く」のDVD

北村一輝さんが演じる主人公・斑目久太郎と白猫・玉之丞が活躍する「猫侍」の劇場版第2弾『猫侍 南の島へ

記事を読む

猪熊弦一郎展 猫たち

Bunkamura ザ・ミュージアム「猪熊弦一郎展 猫たち」を見に行きました

猪熊弦一郎さんは好きな画家で、「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」にも3回くらい行ったことがあります。素敵

記事を読む

cast_photo07

人気の女優三毛猫「ドロップ」の演技が光る映画『先生と迷い猫』のDVD

ネコと映画が好きな私は、猫が出てくる映画もよく観ます。 先日、「先生と迷い猫」のDVDをレンタルし

記事を読む

誕生日プレゼント

誕生日祝いの「ねこぶし」開封の儀

今日はたまきのお誕生日です。私は親バカならぬ猫バカなので、猫の誕生日は毎年お祝いしています。プレゼン

記事を読む

そろえてちょうだいに乗るたまき

いくえみ綾さんの猫エッセイ「そろえてちょうだい?」を読みました

漫画家のいくえみ綾さんの猫エッセイ「そろえてちょうだい?」を読みました。 1〜4巻と0巻を一気読み

記事を読む

レクタングル大

Comment

  1. yumi-gino より:

    はじめまして。 いつも楽しくブログ拝見しています。

    猫の木彫り、とってもかわいいです!
    はしもとみおさんは大好きな彫刻家さんです。 絵の方も素敵で、
    著書の絵本“かみさまが泣いた日”ではしもとさんを初めて知ったクチです。 
    私も数年間、西誠人先生という方の教室でキャットカーヴィングという
    猫の木彫りをやっていましたが、どうも立体感覚がなく、いつまでたっても
    木目が読めなくて・・・・。 今は木彫りやっていません(~_~;)
    でも、ブログを拝見していたら眠っている彫刻刀を取り出して
    久々にやってみたくなりました。
    これからも楽しい猫ネタを期待しておりますね。

    • kumin より:

      yumi-gino様

      コメントありがとうございます♪
      はしもとみおさんの絵本のこと、知りませんでした(^_^;) 読んでみます!
      キャットカーヴィングのことも切らなかったのですが、作品は見たことがあります。ステキですね。

      木彫りは楽しいですが、難しいです。可愛いのが作れるようになりたいです。

      いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
      今後ともよろしくお願いします~(=^・ω・^)ノ☆

  2. yumi-gino より:

    kuminさん、
    はしもとさんの著書、タイトル若干間違ってました。
    “かみさまの泣いた日”でした。 失礼しました。
    http://mkirin30.exblog.jp/16309610/
    この絵本、ラストが感動的(衝撃的?)で涙が・・・・。 
    決して子供向けではなくむしろ大人が読んでいろいろ考えさせられる
    絵本でしたね。 読んで損のない絵本です。

    キャットカーヴィング、ご存知でしたか。
    私が彫ったものも少しブログに載せています。 もう腕がなまって
    今はきっと小さいものも彫れないと思います(~_~;)
    http://vannelli.exblog.jp/7700689/

    • kumin より:

      yumi-gino様
      絵本のタイトル、ありがとうございます♪
      キャットカーヴィングの作品、素晴らしいですね!サイズも大きいんですね。
      もしまた木彫りを作られたら教えて下さい(^ー^)

yumi-gino にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

黒猫屏風
ホテル雅叙園東京で「猫都(ニャンと)の国宝展 at 百段階段 ~猫の都の国宝アート~」を見ました

目黒のホテル雅叙園東京で開催されている「猫都(ニャンと)の国宝展 at

木に顔をこすりつける黒猫さん
【文京区】木にスリスリする「白山神社」の黒猫さん

文京区の白山神社には、黒猫さんが複数います。 前に一度だ

キャリーケースの中のたまき
エサがなくてもアイリスオーヤマの「トラベルキャリー」に入る猫

あたたかくなってきたので、もう猫のコタツは使っていません。 >>>留

鳴くたまき
冷えとり健康法で有名な「快肌布(かいきふ)」を愛用する猫

台所とリビングの境に、かごを置いています。たまきのお気に入りの「メイズ

長毛猫さん
保護猫カフェ「東京キャットガーディアン 大塚シェルター」に行ってきました

大塚にある「東京キャットガーディアン」の開放型シェルターに行ってきまし

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑