*

枕を占領する猫たち

公開日: : くまたま , ,

我が家の飼い猫、くまとたまきは、一年中同じ場所で寝るようなことはなくて、季節によって、お気に入りの場所が変わります。

冬の間は南向きのリビングでひなたぼっこをし、夜になるとストーブの前に陣取って寝ていました。

窓辺のたまき

最近は、暖かくなってきたので、他の部屋で寝ていることもあります。

窓辺のくま

夜は一緒に布団で寝ます

夜は、真夏以外は一緒に布団で寝ています。
黒猫のオスのくまは、暑がりなので、寝る前に布団に入っていても(たいてい私のお腹の上にどどんと乗っています)、朝起きたら枕の上にいます。

茶トラ白猫のたまきは寒がりのようで、冬は一晩中しっかりと布団の中に入っています。

春や秋はこのように、枕の上に二匹で寝ていることも多いです。

枕と猫

こうなると、私の頭を置く場所はありません。。。

枕を占領するネコたち

レクタングル大

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

脚の間で眠る2匹の猫

くまとたまきは、人の膝の上に乗るのが好きです。たまきは夏の暑い時でも乗ってきます。 今日は休み

記事を読む

2015-12-23 18.59.42

風呂場の猫たち

先日も書きましたが、猫と一緒のお風呂タイムが復活しました!毎日、猫と一緒にお風呂で過ごしています。

記事を読む

くまの背中にあご乗せたまき

くまの背中にあごを乗せるたまき

たまきは寝るときに、あごを乗せるのが好きです。 自分の前足やクッション、 天袋に

記事を読む

くまの前足

くまの旅立ち

8/28に、くまが永遠の眠りにつきました。 21年の猫生でした。 前日まで元気 そ

記事を読む

箱に落ち着いたくま

一匹になれる場所を新しく見つけた猫

昨年の冬に、湯たんぽを入れるキャスター付きのボックスを作りました。 最近、椅子に座った時に湯たんぽ

記事を読む

たまき

ごみ箱に入り込み、閉じ込められていた猫

毎日仕事から帰宅すると、くまとたまきが迎えてくれます。 昨日は、玄関にくまだけしか来ま

記事を読む

耳の後ろが濡れたたまき

風呂場から出てきたら、なぜか頭が濡れていた猫

たまきは私が半身浴をした後、お湯を抜いた浴槽でしばらく過ごします。 毛が濡れても気にし

記事を読む

なめるたまき

なめればなめるほど毛並が乱れる猫

たまきがリビングのテーブルの上に置いたクッションの上で、体をなめていました。 たまきは

記事を読む

湯たんぽを一緒に使うくまとたまき

湯たんぽをシェアする猫たち

冷えとりを始めたのもあって、家にいるときは湯たんぽを使っています。 猫用の湯たんぽと私の湯たんぽの

記事を読む

天袋のかごに入る2匹

天袋のかごで寝る2匹の猫

昨夜は冷え込んだので、くまが久しぶりにリビングで過ごしていました。寝る時も、くまがベッドにやって来て

記事を読む

レクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

たまき
手がかからない猫

くまは、薬を使わず食事や口内ケアなどで体質改善をして、根本治療をする須

たまき
「YAMAZEN 遠赤外線カーボンヒーター」と湯たんぽをダブル使いする猫

普段からたまきは私の膝の上に乗ってきます。寒いときはすかさず乗ります。

キャットウォーク完成
【DIY】キャットウォークが完成しました

リビングにLABRICO(ラブリコ)を使って柱を立て、BRIWAXで塗

安田ジョージさんの猫
安田ジョージ展「路地裏動物園」で木と布で作られた猫さんを見ました

根津・千駄木まつりに出かけ、近くを歩いていて、展覧会の案内を見つけまし

たまき
「ブラバンシア(brabantia)」のペダルビンにしたら、猫にゴミを漁られなくなりました

引っ越す前に使っていたゴミ箱は、毎日たまきに漁られていたので、引っ越し

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれのアラフォー
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑