*

猫があご乗せする理由

公開日: : 猫の習性 ,

くまとたまきはよく「あご乗せ」をして寝ています。

あご乗せ

あご乗せとは?

あご乗せとは、猫が物にあごを乗せている状態のことです。

猫のあごの下には、臭腺(しゅうせん)と呼ばれるにおいの分泌器官があり、においとともにフェロモンを放出しているのです。所有権を主張したり、自分のなわばりを示すためにあごを物にこすりつけていることもあります。

第10回 あご乗せ 家にあるものは何でもあご枕に! | すばらしきニャン語の世界より

自分の縄張りを主張しているんですね。

かごにあごのせ

また、あごを乗せてそのまま寝るくらいなので、リラックスしている状態だそうです。たしかに、気持ち良さそうに寝ています。

顎と前足を乗せました

いろんなあご乗せ

パソコンを使っている私の腕にあご乗せすることもあります。

腕にあごのせ

窓枠に伸ばした足にあごを乗せるという変わった寝方をしています。

窓辺の猫

冬は2匹の密着度が高いのですが、たまきはくまの背中にあご乗せしていました。

くまにあごのせ

猫が首だけ出している状態は「生首」とも言われるそうですね!知りませんでした(ΦωΦ)

レクタングル大

関連記事

猫草を食べる猫

スリッパの上に吐く猫

猫はよく吐く動物です。初めて猫を飼う人は驚くかもしれません。 毛づくろいをしてお腹にたまった毛玉を

記事を読む

しっぽ

しっぽに注意!

犬のしっぽは嬉しい時にぶんぶん振られますが、猫のしっぽは不機嫌な時に左右に動きます。 犬を飼ってい

記事を読む

ベッドのたまき

猫とベッドで一緒に眠るしあわせ

平日の朝は5時に起きるのですが、先週は二度寝して6:30に起きていました。 起きてエサをやった

記事を読む

キャットスパと猫

猫がよろこぶキャットニップ

猫にまたたびというくらい、猫はまたたびが好きですが、キャットニップも大好きです。 キャットニップは

記事を読む

見知らぬ猫と出会ったとき

見知らぬ猫と仲良くなる方法~「私は猫ストーカー」より~

道を歩いていて、猫がいたら、声をかけて写真を撮らせてもらっています。 近所のキジトラ白猫さんのよう

記事を読む

前足を伸ばしてスフィンクス座り

前足を伸ばして座る猫〜スフィンクス座り〜

ふみおはよく、前足を伸ばして、お腹を地面につけて、ペタッと座ります。 エジプトのスフィンクスのよう

記事を読む

洗濯機の中のふみお

洗濯機の中に入る子猫

ふみおは、1匹でも遊べる猫です。 かごからおもちゃを引っ張り出して、ボールを転がしたり、またた

記事を読む

ほぼ日いぬねことの接し方

ほぼ日手帳「いぬねことの接し方」より

体調管理ノートとして使っているほぼ日手帳の「avec」の後ろの方に、「いぬねことの接し方」のページが

記事を読む

ふみふみするふみお

毎日何度も「幸せのインナーねこ」をふみふみする子猫

ふみおが私の部屋着でふみふみすることを少し前に書きましたが、毎日やっています。 「ガリガリサー

記事を読む

たまき上目使い

猫のひげ袋はマズルではなく、ウィスカーパッドと言うそうです

以前、木彫り猫を作るバンナイリョウジさんのワークショップに参加したときに、猫の鼻の下の膨らんだ部分を

記事を読む

レクタングル大

木彫り作家くみん名刺
木彫りショップ「kumineco」

ときどき木彫り猫の販売について聞かれるのですが、このたびショップを作り

伸び木彫り猫
伸びをする茶トラ白猫さんを木彫りで作りました

前足を伸ばし、二本足で立っている猫さんを木彫りで作りました。イメージと

キャットタワーふみお
「SUMIKA 突っ張り型木製キャットタワー」の一番上で頭ごっつんする猫

引越しを機に買い換えた「SUMIKA 突っ張り型木製キャットタワー」を

ストーブとふみお
センゴクアラジンのポータブルガスストーブと猫

いつも猫のために南向きの部屋を選んでいるのですが、今の部屋も日当たりが

ふみお
朝は猫とひなたぼっこ

ふみおは先に起きていて、私があとから起きています。前は一緒に朝寝坊して

IMG_9184
ソマリとマンチカンの木彫り猫のご感想

ソマリのココアさんの木彫り猫をご依頼いただいたMさんから、写真を送って

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:ふみお
    性別:オス
    4月生まれの黒猫
    プロフィール
  • 2023年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑