*

「 歌川国芳 」 一覧

西條奈加さんの小説「猫の傀儡」を読みました

2019/08/16 | 猫本, 猫芸術

日本の小説をよく読みます。気に入った作家さんができると、作品を一気に読みます。 最近は、西條奈加さんの小説を読んでいます。タイトルに惹かれて、「猫の傀儡」という小説を読みました。 表紙は歌川国

続きを見る

柏田道夫さんの時代小説「猫でござる」を読みました

読書と猫が好きな私は、ふだんから、猫が登場する小説や本を読むことが多いです。 先日読んだ時代小説「猫でござる」は、図書館でたまたま見つけて読んだところ、すごく楽しめました。 猫の蚤

続きを見る

目黒雅叙園「福ねこat百段階段」展~和室で楽しむねこアート~その2

目黒雅叙園の百段階段で行われている「福ねこat百段階段」展を見に行きました。 小澤康麿さんの歌川国芳写し 2009年に東京都の有形文化財に指定された「百段階段」は、1935年に建てられた木造建

続きを見る

【銀座】ぎゃらりい秋華洞で猫づくしの展覧会「猫れくしょん」を見ました

2/22の猫の日から2/28まで行われている「猫れくしょん」を見に行きました。 昨年も開催されていて、気になっていたのですが、日程が合わなくて行けませんでした。今年は彼に連れて行ってもらいました

続きを見る

「江戸かわいい動物」を読みました

先日、金子信久さんの「ねこと国芳」を読んだことを書きましたが、もう一冊、金子さんの「江戸かわいい動物」も読みました。 江戸絵画のかわいい動物たちの本 うさぎや犬などたくさんの動物の絵が、あいう

続きを見る

「ねこと国芳」を読みました

日比谷カレッジで「国芳とねこー動物愛と江戸絵画」を受講した金子信久先生の著書を読みました。 歌川国芳の描く魅力的な猫が352匹登場 「ねこと国芳」は、歌川国芳の描く猫の絵がたくさん載っている本です

続きを見る

日比谷カレッジの「国芳とねこー動物愛と江戸絵画」を受講しました

2016/04/24 | 猫芸術 ,

先日、千代田区立日比谷図書文化館で行われている「日比谷カレッジ」に参加しました。 日比谷図書文化館の江戸歴史講座 江戸歴史講座第38回「国芳とねこー動物愛と江戸絵画」を受講しました。 4月20日

続きを見る

中村橋で猫散歩

今年は歌川国芳の展覧会がいくつもありますが、先日、練馬区立美術館へ「国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション」を見に行きました。 洋画家の悳 俊彦(いさお とし

続きを見る

猫柄の手ぬぐい

ネコ好きな私は猫グッズにも目がありません。 自分でも買いますが、猫が好きだと、自然と猫グッズも集まります。 川越に行った時に、猫のガーゼ手ぬぐいを買いました。500円とお手頃だったもので、つい・・

続きを見る

レクタングル大

ちよだ猫まつり2020
「ちよだ猫まつり2020」に行ってきました

今年も「ちよだ猫まつり」に行って来ました。 今年のテーマは、「みんな

キャットウォークふみお
クッションの角にあごのせする猫

今日も朝からふみおは2階のキャットウォークのクッションに乗っていました

ニャッツボン
猫がデザインされたナッツボンの限定バージョン「ニャッツボン」

最近、2/4に発売されたコンビニ限定のお菓子「ニャッツボン」が、見当た

たまき
須崎動物病院のフォトチェックレポートが届きました

くまの皮膚がハゲていたことから、うちの猫たちは、八王子市にある須崎動物

IKEA猫ベッドで寝るたまきとふみお
2段ベッドにしたIKEAの「DUKTIG 人形用ベッド」で寝る猫たち

今日は天気が良いので、たまきとふみおは2階でひなたぼっこしていました。

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
  • 2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑