*

日比谷カレッジの「国芳とねこー動物愛と江戸絵画」を受講しました

公開日: : 猫芸術 ,

先日、千代田区立日比谷図書文化館で行われている「日比谷カレッジ」に参加しました。

日比谷図書文化館の江戸歴史講座

江戸歴史講座第38回「国芳とねこー動物愛と江戸絵画」を受講しました。
4月20日(水)19:00~20:30まで、参加費は1,000円(千代田区民は500円)でした。

日比谷カレッジ

日比谷図書文化館は、霞ヶ関駅から徒歩3分の場所にあります。日比谷公園に入ってすぐの場所にあるのに、私は逆方向に行ったようで、引き返しました(^_^;)

まぁ、そのおかげで猫さんを見かけることが出来ました。可愛い顔をした三毛猫さんを発見したんです。逃げられましたが。

平日は22時まで開館

千代田区立日比谷図書文化館は、三角形の建物です。2009年7月1日付けで東京都から千代田区へ移管され、2011年11月4日に開館したそうです。
平日は22時まで開館しているそうです。レストランやカフェもあって、図書館の本を持ち込んで読むことも出来ます。

日比谷図書文化館

講師は猫好きの学芸員・金子信久さん

講師は府中市美術館学芸員の金子信久さんです。
金子先生は動物好きで猫好きだそうです。「うし」という名前の猫を飼っていた時に、朝起こしてもらっていたことなどを話してくれました。
小さい時、金子という名字はキライだったが、ねこが含まれていることに気づいて好きになったそうです。

国芳とねこ

2/22開催で依頼されたそうですが、金子さんがお忙しく、4/20開催になったとおっしゃっていました。猫の日に開催しようと企画するなんて、日比谷図書文化館もやるなぁと思いました。
チラシにも猫が描かれていました。

チラシ

講義内容

  1. 国芳のねこ作品を把握する
    猫を擬人化した「人間系」と、普通に描写した「リアル系」猫に分類して、説明されました。
  2. 国芳の「ねこ好き」を確かめる
    国芳が常に懐に猫を入れて仕事をしていたことや、死んだ猫には戒名を付けて葬っていたことなどが紹介されました。
  3. ねこ好きのかゆいところに手が届く描写
    猫には「ふつうのかわいらしさ」と「ややこしいかわいらしさ」があることを、作品を見ながら解説されました。
  4. 江戸絵画と動物愛-仏教との関わりから
    キリスト教は人と動物は違うものと考えますが、仏教では同じ命と考えるので、涅槃図などに表現されているそうです。

国芳とねこ内容

はっちゃんも登場

歌川国芳が描く猫は魅力的だなぁとあらためて思いました。
金子先生の話は面白く、スライドも見やすかったです。
猫好きで動物好きなことが言葉の端々から感じられました(ΦωΦ)

先生の著書「ねこと国芳」の上に乗ったはっちゃん日記のはっちゃんが出てきたのですが、まさかここではっちゃんが見られるなんて思いませんでした!先生はうれしそうにはっちゃんのことを説明していました。八二一さんに連絡を取って、大きいサイズの写真を送ってもらったそうです。

2017年春に金子先生が学芸員を務める府中市美術館でも国芳展が開催されるそうです。

帰りは暗くて駅の方向が分からず、反対方向に行ってから戻ったので、時間をロスしました。
エサが遅くなってしまって、くまたまには申し訳ないことをしました(*_*;

くまたま

レクタングル大

関連記事

たまきと招き猫

豪徳寺で「招き猫」を買いました

招き猫発祥の地と言われる「豪徳寺」に行ってきました。 境内には、招き猫が多数奉納されていました

記事を読む

猫のいる日々

大佛次郎さんのエッセイ集「猫のいる日々」を読みました

作家の大佛次郎さんは、75年の生涯で500匹以上の猫と暮らしたそうです。 500匹以上の猫と暮

記事を読む

バンナイリョウジさんの猫

バンナイリョウジさんの小さな木彫りの猫

1月末に恵比寿のギャラリー「ソラノハコ」でねこ展を見ました。 「Cat’s ISSUE

記事を読む

猫語の教科書

ポール・ギャリコ「猫語の教科書」は猫好きにオススメです

私は読書が趣味で、猫が出てくる本もよく読んでいます。今回は、好きな本をご紹介します。初めて読んだのは

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ねこまつり at 湯島】うどよし書道教室で「歌川国芳 なぞり描き」をしました

10/2まで行われていた「ねこまつり at 湯島 ~猫でつなぐ湯島のまち~」のツアーに参加しました。

記事を読む

マイキークリスマス

松屋銀座のクリスマスはリサ・ラーソンの猫「マイキー」がキャラクター

丸の内のKITTEへ行った後は、「ムーミン絵本の世界展」を見に松屋銀座へ行きました。 スペ

記事を読む

スイッチョねこ

子猫の絵がかわいい大佛次郎さんの童話「スイッチョねこ」を読みました

作家の大佛次郎さんは、生涯に500匹以上の猫と暮らしたそうです。 「ねこ休み展 冬 2017」に行

記事を読む

三毛ま

目黒雅叙園「福ねこat百段階段」展~和室で楽しむねこアート~その2

目黒雅叙園の百段階段で行われている「福ねこat百段階段」展を見に行きました。 小澤康麿さんの歌

記事を読む

三毛猫さん

「Shinjuku 20 factories」でバンナイリョウジさんの木彫り猫を見ました

東急ハンズ新宿店で行われている開業20周年イベント第2弾「Shinjuku 20 factories

記事を読む

猫たちの遊々展2016

加須市のほくさい美術館で「猫たちの遊々展2016」を観てきました

日曜日に、埼玉県加須市にあるほくさい美術館で開催中の「猫たちの遊々展2016」を観てきました。

記事を読む

レクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

たまき
手がかからない猫

くまは、薬を使わず食事や口内ケアなどで体質改善をして、根本治療をする須

たまき
「YAMAZEN 遠赤外線カーボンヒーター」と湯たんぽをダブル使いする猫

普段からたまきは私の膝の上に乗ってきます。寒いときはすかさず乗ります。

キャットウォーク完成
【DIY】キャットウォークが完成しました

リビングにLABRICO(ラブリコ)を使って柱を立て、BRIWAXで塗

安田ジョージさんの猫
安田ジョージ展「路地裏動物園」で木と布で作られた猫さんを見ました

根津・千駄木まつりに出かけ、近くを歩いていて、展覧会の案内を見つけまし

たまき
「ブラバンシア(brabantia)」のペダルビンにしたら、猫にゴミを漁られなくなりました

引っ越す前に使っていたゴミ箱は、毎日たまきに漁られていたので、引っ越し

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれのアラフォー
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑