*

日比谷カレッジの「国芳とねこー動物愛と江戸絵画」を受講しました

公開日: : 猫芸術 ,

先日、千代田区立日比谷図書文化館で行われている「日比谷カレッジ」に参加しました。

日比谷図書文化館の江戸歴史講座

江戸歴史講座第38回「国芳とねこー動物愛と江戸絵画」を受講しました。
4月20日(水)19:00~20:30まで、参加費は1,000円(千代田区民は500円)でした。

日比谷カレッジ

日比谷図書文化館は、霞ヶ関駅から徒歩3分の場所にあります。日比谷公園に入ってすぐの場所にあるのに、私は逆方向に行ったようで、引き返しました(^_^;)

まぁ、そのおかげで猫さんを見かけることが出来ました。可愛い顔をした三毛猫さんを発見したんです。逃げられましたが。

平日は22時まで開館

千代田区立日比谷図書文化館は、三角形の建物です。2009年7月1日付けで東京都から千代田区へ移管され、2011年11月4日に開館したそうです。
平日は22時まで開館しているそうです。レストランやカフェもあって、図書館の本を持ち込んで読むことも出来ます。

日比谷図書文化館

講師は猫好きの学芸員・金子信久さん

講師は府中市美術館学芸員の金子信久さんです。
金子先生は動物好きで猫好きだそうです。「うし」という名前の猫を飼っていた時に、朝起こしてもらっていたことなどを話してくれました。
小さい時、金子という名字はキライだったが、ねこが含まれていることに気づいて好きになったそうです。

国芳とねこ

2/22開催で依頼されたそうですが、金子さんがお忙しく、4/20開催になったとおっしゃっていました。猫の日に開催しようと企画するなんて、日比谷図書文化館もやるなぁと思いました。
チラシにも猫が描かれていました。

チラシ

講義内容

  1. 国芳のねこ作品を把握する
    猫を擬人化した「人間系」と、普通に描写した「リアル系」猫に分類して、説明されました。
  2. 国芳の「ねこ好き」を確かめる
    国芳が常に懐に猫を入れて仕事をしていたことや、死んだ猫には戒名を付けて葬っていたことなどが紹介されました。
  3. ねこ好きのかゆいところに手が届く描写
    猫には「ふつうのかわいらしさ」と「ややこしいかわいらしさ」があることを、作品を見ながら解説されました。
  4. 江戸絵画と動物愛-仏教との関わりから
    キリスト教は人と動物は違うものと考えますが、仏教では同じ命と考えるので、涅槃図などに表現されているそうです。

国芳とねこ内容

はっちゃんも登場

歌川国芳が描く猫は魅力的だなぁとあらためて思いました。
金子先生の話は面白く、スライドも見やすかったです。
猫好きで動物好きなことが言葉の端々から感じられました(ΦωΦ)

先生の著書「ねこと国芳」の上に乗ったはっちゃん日記のはっちゃんが出てきたのですが、まさかここではっちゃんが見られるなんて思いませんでした!先生はうれしそうにはっちゃんのことを説明していました。八二一さんに連絡を取って、大きいサイズの写真を送ってもらったそうです。

2017年春に金子先生が学芸員を務める府中市美術館でも国芳展が開催されるそうです。

帰りは暗くて駅の方向が分からず、反対方向に行ってから戻ったので、時間をロスしました。
エサが遅くなってしまって、くまたまには申し訳ないことをしました(*_*;

くまたま

レクタングル大

関連記事

サバトラ白猫さん木彫り

木彫りのサバトラ白猫さんを作りました

茶トラ白猫さんとセットで作ったサバトラ白猫さんを仕上げました。 写真で伝わるか分かりま

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「世界で一番美しい猫の図鑑」写真展を見てきました

「世界で一番美しい猫の図鑑」という本が出版されているのは知っていました。ネットで知ったあと、本屋さん

記事を読む

そろえてちょうだいに乗るたまき

いくえみ綾さんの猫エッセイ「そろえてちょうだい?」を読みました

漫画家のいくえみ綾さんの猫エッセイ「そろえてちょうだい?」を読みました。 1〜4巻と0巻を一気読み

記事を読む

中野坂上駅の猫

大江戸線「中野坂上駅」のシルバーの猫さん

「ペット賃貸カンパニー」に行ったときに、大江戸線の中野坂上駅を利用しました。 本棚の間を闊歩す

記事を読む

木彫り猫スコティッシュフォールド

木彫り猫のスコティッシュフォールドを作りました

ヒノキの端材で木彫りの猫を作りました。耳が垂れているスコティッシュフォールドです。 上向き

記事を読む

彫刻刀

木彫り猫を作るために15ミリの平刀と丸刀を買いました

小さな木彫り猫作家のバンナイリョウジさんは、木彫り猫を作るとき、15ミリの平刀でほとんどを彫るそうで

記事を読む

どこからきたの

猫の絵がかわいい絵本「どこからきたの こねこのぴーた」を読みました

大佛次郎さんの童話「スイッチョねこ」の絵を描いた安泰(やすたい)さんの絵本を、図書館で借りて読みまし

記事を読む

おりぼんぬ

木彫りの三毛猫さんにリボンと鈴をつけました

木彫りで三毛猫さんを作ったら、彼が気に入ったというので、彼にプレゼントしました。 赤い

記事を読む

木彫り猫正面

バンナイリョウジさんの木彫りのねこが届きました

バンナイリョウジさんの個展で買った木彫り猫が届きました。 個展で購入 赤坂のカフェ&ギャラリ

記事を読む

ミニハイスケアーBOXセット

彫刻刀の研磨機「ミニハイスケアーBOXセット」を買いました

木彫りの小さな猫をいくつか作っています。 使用している彫刻刀を自分で研ぐと、かえって切れなくなりま

記事を読む

レクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

木彫り猫3体
木彫り猫のモデルを募集します

木彫り猫を作っています。 モデルがいた方がやりがいがあるので、猫さん

ガリガリウォールスクラッチャー
子猫のせいで「ガリガリウォール スクラッチャー」がボロボロに

先日、秋葉原の保護猫カフェ「ちよだニャンとなるcafé」へ行った時、キ

文京ふるさと歴史館
文京ふるさと歴史館で「ねこの細道・さんぽ道—ぶんきょう道中ひげ栗毛」を見ました

土曜日は自転車で、「文京ふるさと歴史館」の特別展を見に行きました。

フォトフレーム
「日本ペットシッターサービス文京店」からフォトフレームが届きました

先月利用したペットシッター「日本ペットシッターサービス文京店」から、フ

ふみお
キャットタワーの一番上に乗る猫

最近、たまきは朝、2階のキャットタワーの一番上に乗るのが気に入っていま

白目を剥くキジトラ猫さん
【秋葉原】「ちよだニャンとなるcafé」のソファーの下のキジトラ猫さんたち

秋葉原の譲渡型保護猫カフェ「ちよだニャンとなるcafé」に行ってきまし

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑