*

キャットウォークの棚板にあごをすりすりする猫【動画】

くまは最近、朝エサを食べ終わると、リビングの天袋に上がっていきます。
天袋に置いているかごの中に入ります。

天袋に上がる猫

ひとりになりたいんですかね。
しばらくして、降りてきます。

キャットウォークにいる猫

あごをすりすり

降りるときは、キャットウォークの棚を使います。
その途中で、棚板の角にあごをすりすりしていました。
気持ち良さそうです。

▼くまのすりすり(0:33)

最後はスピーカーも使って、テレビの前まで降りてきます。

降りてきた猫

キャットウォークは自分たちで作りました。棚板はトルエンフリーのBRIWAXでペイントしてあるので、猫がすりすりしても大丈夫です♪

▼こげ茶色にしたかったので、ジャコビアンを選びました。

レクタングル大

関連記事

キャットタワーふみお

キャットタワーで面白い寝方をする黒猫

ふみおは毎朝キャッツデポのキャットタワーに乗っています。 ふと見ると、面白い寝方をしていました

記事を読む

キャットウォークふみお

クッションの角にあごのせする猫

今日も朝からふみおは2階のキャットウォークのクッションに乗っていました。 一昨日とその

記事を読む

石油ファンヒーターの前で寝るたまき

石油ファンヒーターの前で前足を伸ばして眠る猫

石油ファンヒーターの前で、たまきが寝ていました。 たまきは前足にあごを乗せて寝ることが多いのですが

記事を読む

自作のキャットタワー

自作のキャットタワー

私は父親が大工なので(?)、DIYは得意です。 性格はひねくれてますが、のこぎりで木をまっすぐに切

記事を読む

CDB4F23C-901C-497F-82FC-11DA454F3212

yonekichiさんの「鍋型ベッド」から首を出す猫

台風19号が接近しているので、雨と風が強い中、たまきは2階の部屋のIKEAの「DUKTIG 人形用ベ

記事を読む

たまきにパンチ

キャットタワーのボックスにいる猫にパンチする黒猫

たまきが朝いないと思ったら、キャッツデポのキャットタワーのボックスに入っていました。

記事を読む

IKEA猫ベッドのふみお

IKEAの「DUKTIG 人形用ベッド」でひなたぼっこする子猫

今日も天気が良いので、たまきとふみおは2階の南向きの部屋にいました。 たまきはキャット

記事を読む

キャットタワーふみお

キャットタワーでごろごろする子猫

ふみおはキャットタワーの上から2段目がお気に入りです。 長くてまっすぐなしっぽが下に垂

記事を読む

IKEA猫ベッドで寝るたまき

IKEAの「DUKTIG 人形用ベッド」で日差しを満喫する猫

黒猫のくまは暑がりだったので、夏はあまりひなたぼっこをしませんでしたが、茶トラ白猫のたまきは暑くても

記事を読む

エサを待つ二匹

エサが待ちきれない猫たち【動画】

猫のエサは1日2回、朝と夕方与えています。 エサは前日寝る前に、翌日の2匹の1日分を鍋に作っていま

記事を読む

レクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月刊猫とも新聞
『月刊猫とも新聞』2021年3月号の特集は「猫灸」です

購読している「月刊猫とも新聞」が、猫の日に届きました。

舌出しキジトラ猫さん
【猫の日】舌を出していたキジトラ猫さん

家にいる時間が増えているなかで思うのは、自分が1番怠け者だと言うことで

ふみお
寝室で窓の外を見る猫

ふみおが2階に来て、寝室に入って行きました。 昼間、私と

シャムミックス長毛猫木彫り猫
シャムミックスの長毛猫さんを木彫りで作りました

長毛猫さんの木彫り猫を作りました。 シナをアクリル絵の具

黒猫さん兄弟
仲が良い黒猫さん兄弟と触れ合いました

行田市に行ったとき、彼が猫さんがいるカフェに連れて行ってくれました。

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑