*

「ぺットの夢こたつ」を出したらすぐに入った猫

たまきがエサを食べたあと、私の膝の上に乗りました。ふみおもあとからやって来て、部屋着を引っかいたあと、私のお腹の上に乗りました。

2匹で膝の上に乗ると、何もできないし、寒いということなので、ペットの夢こたつを出しました。
付属のカバーとマットは天然素材じゃないし、黄色くて趣味じゃないので使っていません。
裁縫が苦手なので、切りっぱなしの布をかけています。シワシワでお恥ずかしい(^_^;)

こたつ

電磁波を避けるためコードはヒーター部分にしまっています。テーブルだけを利用し、陶器の湯たんぽを中に置いています。

こたつたまき

湯たんぽはすでに使っているので、ひとつを日中たまきが過ごすベッドに、もうひとつの湯たんぽをこたつの中に置きました。

ふみおはこたつを出すとすぐにもぐりこみました。暑がりのふみおも、今日は寒いようです。

こたつふみお

ふみおはずっとこたつに入っていましたが、掃除を始めるとこたつから出て、逃げていきました。まだまだ掃除機はこわいようです。

キャットタワーふみお

レクタングル大

関連記事

快肌布にあごのせ下から

湯たんぽを入れたワインの木箱であごのせする猫

今年は、湯たんぽを入れたワインの木箱が大活躍しています。 快肌布にあご乗せ たまきはあご

記事を読む

キャットウォークたまき

キャットウォークの最上段を巡る戦い

リビングにキャットタワーとキャットウォークがあります。キャットウォークはツーバイフォー材をペイントし

記事を読む

あごのせたまき

キャットウォークにあごを乗せてひなたぼっこする猫

ふみおは昼間、キャットタワーのボックスかハンモックで寝ていることが多いです。 私は日中

記事を読む

カーテンレールの上のたまき下から

カーテンレールの上でくつろぐ猫

たまきは、私が朝掃除機をかけている間、寝室の押入れの中か、リビングの天袋に入ってやり過ごしています。

記事を読む

こたつの上で毛づくろい

今年もペットの「夢こたつ」を出しました

寒くなってきたので、猫のためにこたつを出しました。 本体のみ使用 ドギーマンの「ペットの夢こ

記事を読む

こたつの中のふみお

「ペットの夢こたつ」に入り浸る猫

朝晩冷えるようになったので、猫たちのために、「ペットの夢こたつ」を出しました。 付属の

記事を読む

キャットウォークふみお

キャットウォークからハンモックに入る猫

リビングにあるキャットウォークは、彼が作ってくれました。キャットタワーと並べて、行き来できるようにな

記事を読む

オリエンタルショートヘア

「猫とステキに暮らすおとなのねこ展2」でオリエンタルショートヘアに遭遇

南青山のRoom375で6/16(木)~6/21(火)まで開催の「猫とステキに暮らすおとなのねこ展2

記事を読む

キャットタワーのたまき

突然始まる猫の撮影会

今朝掃除機をかけているとき、たまきがキャットタワーのボックスに入っていました。 キャッ

記事を読む

ペットの夢こたつ

ドギーマンの「夢こたつ」を使っています【猫の寒さ対策】

冬の暖房は石油ストーブです。くまとたまきはストーブをつけると、前から動きません。 こたつは以前

記事を読む

レクタングル大

木彫り作家くみん名刺
木彫りショップ「kumineco」

ときどき木彫り猫の販売について聞かれるのですが、このたびショップを作っ

驚く茶トラ白猫さん
びっくりして逃げて行った茶トラ白猫さん

駐車場に猫さんがいました。地面にいたキジトラ白猫さんはすぐ逃げていきま

三毛猫さん
ホースの上に乗っていた猫さん

先日、洗濯機の上に乗っている猫さんを見かけました。 前足

ふみおと木彫り猫
木彫り猫に囲まれて手作りごはんを食べる猫

たまきとふみおの木彫り猫はセットで作りました。クスノキを彫り、アクリル

茶トラ白猫木彫り猫
ボールを持つ猫を木彫りで作りました

二本足で立つ猫を木彫りで作りました。茶トラ白猫のたまきがモデルで、左手

黒猫木彫り猫
黒猫を木彫りで作りました

二本足で立つ黒猫を木彫りで作りました。ふみおがモデルです。 楠を

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
  • 2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑