*

ベッドで先に寝る猫たち

※ このブログではアフィリエイト広告を利用しています

公開日: : くまたま, たまき, ふみお ,

最近、ふみおがベッドで一緒に寝るようになりました。寒い時期もときどき腕枕で寝ていましたが、あたたかくなった方が毎晩ベッドに来るのはよくわかりません。

ベッドのふみお

半身浴も、寒い時期より今の時期の方が一緒に過ごすことが多いのも、普通は逆じゃないかなと思いますが、よくわかりません。アニマルコミュニケーションで聞いてみたいです。

昨夜はたまきが2階にいるのはわかっていたんですが、ふみおがいないなと思ったら、たまきと一緒にベッドにいました。23時前のことです。2匹で先に寝る態勢に入っていました。

ベッドのたまきとふみお

たまきはいつも私と一緒にベッドで寝ます。冬は腕枕で布団の中ですが、暖かくなってくると枕で寝ます。

たまきが枕で、ふみおがその下の私の左側に寝るのがいつものポジションです。

ベッドのたまきとふみお

私も一緒に寝たいところだったんですが、やることがあって寝られなくて残念でした。夕食後に半身浴したら寝てしまったので、木彫りをしてから夜中に寝ました。

ベッドのたまきとふみお

睡眠が大事なのはわかっているんですが、ついついやることを優先して、睡眠時間を削ってしまっています。

レクタングル大

関連記事

ふみお

朝は猫とひなたぼっこ

ふみおは先に起きていて、私があとから起きています。前は一緒に朝寝坊していたのに、最近すっかり早起きに

記事を読む

たまき

【月命日】ペットのレイキヒーリング

くまのお骨の隣に、今は赤いカーネーションを飾っています。 先月スプレーカーネーションをかじったふみ

記事を読む

ヒーター前のふみお

「YAMAZEN 遠赤外線カーボンヒーター」の前で伸びる子猫

1階のリビングの暖房は、石油ファンヒーターと カーボンヒーターです。 基

記事を読む

たまき誕生日プレート

「キットキャット トッパーズ チキン&シーフード」で猫の誕生日をお祝い

茶トラ白猫のたまきは母猫と一緒に、黒猫のくまが通っていた動物病院に保護されていました。母猫が亡くなり

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おしりを向けて「オムロン メッシュ式ネブライザ NE-U22」の吸入を拒否する猫

くまは毎年、寝る場所が変わります。 今年の夏はリビングの隅っこで寝ています。 テレビ台の横の

記事を読む

くまの骨壺

手作りのキャットセレモニー「キャットPaPa」の動物供養祭

くまの火葬をお願いした「キャットPaPa」で、10/21に動物供養祭が行われました。 卒塔婆の

記事を読む

ふみお

猫を嫌いになることは絶対にありえない

少し前に村上春樹さんが村上RADIOで「絶対大丈夫」という言葉について話していました。

記事を読む

浴槽の中のふみお

お風呂のお湯を抜いた後の浴槽に入る子猫

朝晩、半身浴しています。30分は入るので、本を読んだり、iPadで動画を見たりしています。くまもたま

記事を読む

ふみお

【月命日】順応性が高い黒猫

9/19に引っ越しましたが、ビビリのふみおは意外と早く部屋に慣れました。 引越当日は、キャット

記事を読む

くまの塔婆とお骨

「キャットPaPa」の猫ちゃんの供養祭に参加しました

昨年夏にくまの火葬をお願いした「キャットPaPa」の供養祭が、世田谷区北烏山の常福寺で行われました。

記事を読む

レクタングル大

茶トラ猫さん
走る猫さんたち

先日歩いていて、猫さんを見かけました。 キジトラ白猫さんは前に見かけ

姫かつおスティック
高知県産宗田鰹の「姫かつおスティック」

自然食品店でふみおのために買うものがいくつかあります。手作りごはんのト

前足上げ白黒猫さん木彫り猫
前足を少し上げる白黒猫さんを木彫りで作りました

白黒猫さんを木彫りで作りました。右前足を少し上げています。

ふみお誕生日プレート
大好きなササミで猫の誕生日をお祝い♪

ふみおの誕生日を大好きなササミでお祝いしました。 先日のネコマル

木彫り猫キジトラ白猫さんと黒猫さん
木彫り猫のモデルは会社の看板猫さん

オーダーで20cmの高さの木彫り猫を2体作りました。手のひらサイズがほ

→もっと見る

  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:ふみお
    性別:オス
    4月生まれの黒猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑