*

狛寅がいる多聞院

※ このブログではアフィリエイト広告を利用しています

公開日: : 猫芸術 , ,

私はネコ科の動物も好きで、特にトラが好きです。
狛犬ならぬ、狛寅がいると言うので、埼玉県所沢市にある多聞院というお寺へ行ってきました。

多聞院

私は日本史が好きで、大学生活を過ごした京都でも、よく神社仏閣巡りをしていました。
このお寺のことは、市の広報で初めて知りました。400株ある牡丹が有名で、毎年5/1には寅まつりが開かれるそうです。

狛寅

狛寅は猫のようにしなやかそうで、ほっそりしていました。

狛寅

境内のあちこちに、牡丹の花が咲き誇っていました。

牡丹の花

毘沙門天は武田信玄の守り本尊で、毘沙門天の化身が「寅」なのだそうです。
毘沙門堂に奉納されている寅は「身がわり寅」といい、わざわいを身がわる寅だそうです。

身代わり寅

たくさん並んだ身がわり寅は圧巻です。

身代わり寅

新緑の季節で風が心地よく、神社仏閣特有の静謐な感じが良かったです。

牡丹の花とお地蔵さん

秋の紅葉も楽しめそうだなぁと思いました。また行きたいです。

くみん

レクタングル大

関連記事

棟方志功展

「生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ」

先日、東京国立近代美術館で、「生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ」を観てきました。

記事を読む

バンナイさんの木彫り猫

プランタン銀座の「ねこ展 ねこ・猫・ネコ アート&グッズフェア」を見に行きました

昨日は休みだったので、プランタン銀座へ行ってきました。 プランタン銀座は、東京メトロ「銀座」駅

記事を読む

マイキークリスマス

松屋銀座のクリスマスはリサ・ラーソンの猫「マイキー」がキャラクター

丸の内のKITTEへ行った後は、「ムーミン絵本の世界展」を見に松屋銀座へ行きました。 スペ

記事を読む

猫でござる

柏田道夫さんの時代小説「猫でござる」を読みました

読書と猫が好きな私は、ふだんから、猫が登場する小説や本を読むことが多いです。 先日読んだ時代小

記事を読む

カフェ・ド・アクタ

【川口】カフェ・ド・アクタで「黒猫ネロ」展を見ました

今日はクロスバイクで埼玉県川口市に行きました。川口に行くのは初めてで、うちから30分ほどで着きました

記事を読む

猫は迷探偵

月刊『ねこ新聞』監修のエッセイ集「猫は迷探偵」を読みました

51人の著名人たちが猫へのあふれる想いをつづったエッセイ集「猫は迷探偵」を読みました。 表紙は

記事を読む

中野坂上駅の猫

大江戸線「中野坂上駅」のシルバーの猫さん

「ペット賃貸カンパニー」に行ったときに、大江戸線の中野坂上駅を利用しました。 本棚の間を闊歩す

記事を読む

いらないねこ

ヒグチユウコさんの絵本「いらないねこ」を読みました

私よりも彼の方が、ヒグチユウコさんのファンです。絵本も彼が買っています。 「せかいいちのねこ」

記事を読む

ねこと国芳

「ねこと国芳」を読みました

日比谷カレッジで「国芳とねこー動物愛と江戸絵画」を受講した金子信久先生の著書を読みました。 歌川国

記事を読む

動物図鑑の原画展

【根津】ギャラリーマルヒ「動物図鑑の原画展」

昨日は根津にあるギャラリー・マルヒで石田武雄さんの動物の絵を見ました。 座敷蔵がある古民家ギャ

記事を読む

レクタングル大

アニマルコミュニケーションテキスト
アニマルコミュニケーションの復習&モニターさん募集

アニマルコミュニケーションを学ぼうと思ったのは、一緒に暮らす猫の気持ち

ブラッシングふみお
猫型ラバーブラシ「KONG」で換毛期の猫をブラッシング

今朝、目覚めたとき、ふみおはバリバリボウルで寝ていました。一緒にベッド

玄関ふみお
玄関で風を感じる猫

換気をするとき、窓と玄関を開けて風が通り抜けるようにしています。ドアは

黒白猫さん木彫り猫
木彫り猫の蝶ネクタイとマフラー

手を広げるポーズの黒白猫さんをクスノキで作りました。高さ20cmです。

ふみお
かーちゃんの心配をする猫

ふみおが大きな声で鳴き続けることがあるのが気になって、1年半ぶりにアニ

黒白猫さん木彫り猫
手を広げる黒白猫さんを木彫りで作りました

タキシード柄の木彫り猫を作りました。二本足で立つ黒白猫さんは、両手を広

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:ふみお
    性別:オス
    4月生まれの黒猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑