*

ペットの「夢こたつ」が気に入った子猫

公開日: : 猫DIY・インテリア ,

昨日、猫たちのために、ペットの「夢こたつ」を出しました。
1階のリビングに置きました。

ペットの夢こたつ

コタツとは言っても、うちの場合、熱源は湯たんぽです。

陶器の湯たんぽを中に入れ、ペットの夢コタツの台だけを使っています。
カバーも黄色なのが嫌なので、焦げ茶色の布をかけています。

こたつに湯たんぽ

たまきは慣れたもので、すぐにこたつの中の湯たんぽに乗りましたが、ふみおは興味津々でした。

しばらく経つと、ふみおがこたつを占領し、たまきが中に入れなくなっていました。

こたつとたまき

たまきは寒がりですが、ふみおは寒そうにしていなかったので、意外でした。

こたつの中のふみお

コタツの中は暗くて狭いし、楽しいのもあるのかもしれません。

まだ、ふみおは湯たんぽの袋を噛みます

たまきのために、こたつの外に湯たんぽを置きました。

たまき

ふみおが暴れるので、たまきが入れない様子を動画に撮りました。

たまきとふみおは、まだ一緒に寝るのはムリです。
こたつも、一緒に使うのはまだムリそうですね。。。

レクタングル大

関連記事

ワインの木箱であごのせ

カシミアのストールにあごのせする猫

1階のリビングの暖房器具は、石油ファンヒーターとカーボンヒーターを使っています。 昨年まではリ

記事を読む

2段ベッドの下段で寝るたまき

2段ベッドにしたIKEAの「DUKTIG 人形用ベッド」の下段で寝ていた猫

昨夜から風邪をひきかけてだるかったので、朝たまきにエサをやったあと、床で寝ました。 私は眠いと

記事を読む

たまき

IKEAの「DUKTIG 人形用ベッド」でひなたぼっこを欠かさない猫

今年も「ペットの夢こたつ」の本体と陶器の湯たんぽを猫たちのために使っています。 朝は冷え込むの

記事を読む

CDFC9814-1A2A-457A-9B05-6BD11A52289E

ハンモックにあごのせする猫

寒くなっても、ふみおはキャットタワーのハンモックに入って寝ています。 昨年は冬はハンモ

記事を読む

電動糸ノコ

木彫り猫を作るためにマキタの糸ノコ盤「MSJ401」を買いました

木彫りで猫をいくつか作っています。バンナイリョウジさんの木彫りの猫を見て、自分でも作りたいと思ったの

記事を読む

カリモク背もたれ上部に座るたまき

カリモク60のKチェアの背もたれに座る猫

実家に住んでいるときは布団で寝ていました。兄ふたりは2段ベッドを使っていましたが、私はベッドを使わせ

記事を読む

たまき

20年物のキャットタワーで眠る猫

2階の部屋の窓際に置いたキャットタワーは、くまを飼い始めたときに私が作りました。 当時

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャットタワーのボックスの中の可愛い猫

たまきがキャットタワーのボックスに入っていました。 狭くて落ち着く場所に避難 朝、私が掃

記事を読む

F3CD49BC-29A6-47D9-A578-9F9B14172172

キャットタワーのボックスの順番待ちをする黒猫

今朝、キャットタワーのボックスにたまきが入っていました。 キャッツデポで買った猫タワーは、ハンモッ

記事を読む

リビング

リビングを猫仕様でプチ模様替え

暖かくなってきたので、リビングをプチ模様替えしました。 猫優先の家具配置 石油ファンヒーター

記事を読む

レクタングル大

木彫り作家くみん名刺
木彫りショップ「kumineco」

小さな頃から絵を描くのが好きで、デッサンや水彩、アクリル画を習って描い

アイスを持つたまきとふみお
【月命日】アイスを持った木彫り猫の会話

たまきの月命日なので、千駄木のTAVERNでショートケーキを買ってきま

足の間で眠るふみお
本当に動かない猫

ふみおは出かける前と帰宅したとき、同じ場所で寝ているので、彼に「不動」

キジトラ白猫さん
眠そうなキジトラ白猫さん

あじさいで有名な神社へ行きました。お祭りは終わりましたが、まだ紫陽花は

長毛のキジトラ白猫さん
まったりしていた長毛猫さんたち

よくお邪魔しているお寺の墓地には、そっくりな3匹のキジトラ白猫さんがい

紙袋とスタンプ
OSMO(オスモ)でスタンプを作りました

初のイベント参加の前に、木彫りショップ「kumineco」のロゴをデザ

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑