*

東急にゃんずの「猫毛フェルトの指人形」を作るワークショップに参加しました

公開日: : 猫芸術, 猫雑貨 ,

3/19に東急ハンズ新宿店で行われたワークショップ「【猫の隠れ家工房】猫毛フェルトの指人形」に参加しました。

ワークショップ

ブラッシング時に出た愛猫の毛を使用

猫毛フェルトとは、猫をブラッシングしたとき抜けて集まる毛が材料で、羊毛フェルトと同じ技法で作ります。
講師の蔦谷K(つたやけー)さんは、猫毛フェルトの考案者です。会場の入り口に、作品が飾られていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加費は1,500円で、時間は90分です。参加者は私を含めて4名で、全員女性でした。全員猫の毛を持参していました。
私もこの日のために集めたくまの毛たまきの毛を持参しました。両手のひらにふんわり一杯あれば作れるそうです。

猫毛人形作りの手順

1.猫毛をほぐす

まずは猫の毛をほぐすところからスタートです。猫の毛の塊がギュッとなっているのを指でほぐして綿のようにしていきます。

ほぐした毛と型紙

2.猫毛をシート状にする

牛乳パックで作った型紙は用意されていました。
型紙よりひと回り大きくなるように猫毛を敷き詰めます。透かしてみたり、手のひらで押して確認しながら、薄いところは足して、厚みを均等にしていきました。これを2枚作ります。

シートを2枚作成

耳のところは特に突き抜けやすいとのことで、厚みを増します。

耳は厚く

3.型紙をしっかり包む

シート状にした猫毛で型紙をしっかり包んでいきます。「春巻きのように」と言われました。1枚包んだ後、もう1枚のシートで反対側からも包みます。

型紙を包む

たまきの毛を使いたかったので、背中部分に配置しました。

たまきの毛を配置

4.石けん水に入れてこする

用意されていた穴が開いたビニール袋で、猫毛を包みます。

穴開きビニールに入れたところ

せっけんが入った液(洗濯洗剤を溶かした液)の中に入れて染み込ませ、両手で挟んでこすり合わせます。こすることで毛が絡んでフェルト化していきます。

石けん液につける

ビニールがずれたら包み直し、根気よくこすります。ビニール袋を包む時は対角線上に包むと、しっかり包めるので良いそうです。

こする

耳の部分は、容器の縁を利用して(縁にこすりつけて)くぼみを作りました。

フェルト化した猫毛

5.水ですすぎ、水気を切る

フェルト化したらビニールをはずし、両手ではさんで石けん水を押し絞った後、水が入ったバケツの中でよくすすぎます。

せっけんを洗い落とす

すすぎ終わった後の脱水作業は、サラダスピナーを使いました。

脱水

6.アイロンをかける

水が切れたら、手ぬぐいであて布をして、しっかりアイロンで上から押さえつけて乾かします。
型紙の牛乳パックは110℃で溶けてしまうので、完全に乾かさずに、生乾きの状態で良いそうです。

アイロン

手ぬぐいも猫柄で可愛いです。

アイロン

アイロンをかけ終わったところです。

アイロン終了

7.型紙を取り出し、しっぽを作る

付け根を切り落とさないようにしっぽの部分をカットし、型紙を外しました。

しっぽをカット

次に、しっぽの部分だけにせっけんをつけて、ねじねじと、よりをかけます。体の方にせっけんが垂れてこないように、しっぽを下に向けて作業しました。水ですすいで、アイロンで乾かします。

しっぽをよる

8.首輪を結び、目をつける

飛び出した毛をつまんで形を整え、鈴を通したリボンを首にきつめに巻きます。リボンと鈴の色は好きなものを選べました。

首輪を巻く

次に、木工用ボンドと爪楊枝を使って目を付けました。ビーズの穴に爪楊枝を通して、くっつけます。

ボンドで目をつける

しっぽの先はハサミで丸くカットします。
私はビーズの穴を横にして付けましたが、「斜めにして吊り目にすると猫っぽくなりますよ」と後で修正してもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プロの仕上げで可愛くなりました

自分でつけた目がポロッと外れたのと、ちょっとイマイチだったので、先生に手直しをお願いしました。
ビーズの形も2種類あって(丸としずく型)、私がつけた丸いのよりも先生がつけたほうが可愛かったです。
目だけで全然違いました!さすがプロですね(*°∀°)=3

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成したので、他の参加者のお人形と一緒に撮りました。かわいいです(Ф∀Ф)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後ろはこんな感じです。たまきの毛も有効活用出来て良かったです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

注意点として、防虫加工していないので虫がつきやすいこと、猫に狙われやすいことを教えていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

感想

蔦谷Kさんは、猫毛フェルトの考案者だけあって、くまの毛は上毛が多いとか、猫の毛のことに詳しかったです。
説明も分かりやすく、和気あいあいとした楽しいワークショップでした。的確なアドバイスでスムーズに作業が進み、終了予定時間より10分早く終了しました。

くまとたまきの反応が楽しみです。

>>>次の記事で、指人形をチェックする2匹のことを書きました。

レクタングル大

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

猫柄の手ぬぐい

ネコ好きな私は猫グッズにも目がありません。 自分でも買いますが、猫が好きだと、自然と猫グッズも集ま

記事を読む

猫語の教科書

ポール・ギャリコ「猫語の教科書」は猫好きにオススメです

私は読書が趣味で、猫が出てくる本もよく読んでいます。今回は、好きな本をご紹介します。初めて読んだのは

記事を読む

サイズ比較

猫の抜け毛を取るスポンジ「FREELAUNDRY(フリーランドリー)」を買いました

以前から欲しいと思っていた猫の抜け毛を取るランドリースポンジ「FREELAUNDRY(フリーランドリ

記事を読む

猫と力士のあかるい写真展ポスター

『荒汐部屋のモルとムギ』出版記念「猫と力士のあかるい写真展」@TOBICHIに行ってきました

10/27から11/13まで行われていた写真展を見に行きました。 会場の「TOBICH

記事を読む

猫絵馬

立川の猫返し神社「阿豆佐味天神社」

IKEA立川に行った後、車で15分位の場所にある阿豆佐味天神社(あずさみてんじんじゃ)に行ってきまし

記事を読む

木彫り猫スコティッシュフォールド

木彫り猫のスコティッシュフォールドを作りました

ヒノキの端材で木彫りの猫を作りました。耳が垂れているスコティッシュフォールドです。 上向き

記事を読む

爪とぎ木彫り猫

「にゃっ展2017」でバンナイリョウジさんの木彫り猫を見ました

5/3~5まで開催中の「にゃっ展2017」を初日に見に行きました。 会場は、表参道駅A

記事を読む

ジャローナ

バンナイリョウジさんの個展「小さな木彫りのねこ2」を見に行きました

赤坂のジャローナで11/8~13まで行われたバンナイリョウジさんの個展「小さな木彫りのねこ2」を見て

記事を読む

マルルゾロ

【吉祥寺】ハーモニカ横丁の「路地裏猫雑貨マルルゾロ」に行ってきました

自転車で吉祥寺まで行きました。所沢から1時間ちょっとで着きました。 電車だと乗り換えがあるので、三

記事を読む

刃のイラスト

猫のイラストがかわいい「mere pere(メルペール)ステンレス包丁」をもらいました

きょうの猫村さんを愛する職場の同僚が、猫の包丁をプレゼントしてくれました♪ モリブデン鋼で切れ味抜

記事を読む

レクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

たまき
手がかからない猫

くまは、薬を使わず食事や口内ケアなどで体質改善をして、根本治療をする須

たまき
「YAMAZEN 遠赤外線カーボンヒーター」と湯たんぽをダブル使いする猫

普段からたまきは私の膝の上に乗ってきます。寒いときはすかさず乗ります。

キャットウォーク完成
【DIY】キャットウォークが完成しました

リビングにLABRICO(ラブリコ)を使って柱を立て、BRIWAXで塗

安田ジョージさんの猫
安田ジョージ展「路地裏動物園」で木と布で作られた猫さんを見ました

根津・千駄木まつりに出かけ、近くを歩いていて、展覧会の案内を見つけまし

たまき
「ブラバンシア(brabantia)」のペダルビンにしたら、猫にゴミを漁られなくなりました

引っ越す前に使っていたゴミ箱は、毎日たまきに漁られていたので、引っ越し

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれのアラフォー
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑