*

全仏ベストセラーの自己啓発書「猫はためらわずにノンと言う」を読みました

公開日: : 猫情報

Amazon Kindleで「猫はためらわずにノンと言う」を買いました。
フランスでベストセラーになった本です。

猫はためらわずにノンと言う

原題は、「猫のように考え行動する」と言う意味ですね。(パリに留学していたので、少しはフランス語がわかります。)

シンプルな猫の生き方哲学

文章は短く、かわいいイラストも付いていて、読みやすいです。

猫はためらわずにノンと言う

猫の生き方哲学はシンプルだ。食べる、遊ぶ、寝る、快適に過ごすことだけを考え、気に入らないことはやらない。

私は猫的人間だと自覚していますが、まだまだ世間の目を気にしているなぁと思います。
まず自分を大切にして幸せじゃないと、他の人も幸せにできないですよね。

とにかく、猫にとっては自分の幸せが最優先。その結果、ストレスなしに健康的に生きていけるらしい

猫さんは自分に満足していて、他と比較したりしないし、自分に自信があるというのも、見習いたいところです。

好奇心と独立心

猫さんは好奇心が強いですよね。
毎日ひとつ何か学ぶことは、やってみたいと思います。

〝One knowledge, one day〟(毎日何か一つ学ぼう)小さなことのように見えるが、この「毎日学ぼう一知識」のエクササイズを一年続けたら、三六五の新しい知識が手に入れられることになる

猫さんの独立心も見習いたいです。私は末っ子で依存心が強いし自分に自信がないので、自分で判断していくようにしたいです。

猫は自分の生きたいように生きていて、ほかの猫に認められる必要もない。まして一緒に暮らしている(そして自分の面倒をみている)人間に認められようとは夢にも思わない。

高い身体的適応力

作者のステファン・ガルニエさんは、事故で左前足を失ったジギーくんという猫さんを飼っています。

足をなくすというハンディキャップを背負っても、ジギーの生活に大きな影響はなかった。以前と同じように暮らし、恋もした。猫の身体的適応力はまったくうらやましい限りだ。一方、それほど強くない人間は、もっとささいなハンディキャップをもっても悲嘆にくれてしまい、なかなか彼のように順応できるものではない。

実家の猫で、車にぶつけられたのか、眼球が片方飛び出した猫がいました。病院へ慌てて連れていきましたが、眼球を摘出したりまぶたを縫うことなく、元の位置におさまった翡翠色の眼で、その後もふつうに暮らしました。

猫さんの適応力はすばらしいですよね。
引っ越しのときも、くまの順応性に感心しました。

くまとたまき

嫌なことはしない

くまとたまきは、歯磨きを始めるのが大人になってからだったので、毎回抵抗します。

食いしん坊のたまきはなんでも食べますが、くまはエサに不満があると食べませんでした。

エサが欲しいくま

猫という生き物は、いやなものはきっぱり拒否、ガンコでしつこく、何が欲しいかがはっきりしていて妥協しない。

ガンコだなと思いますが、自己主張がはっきりしていて、素晴らしいと思います。

猫はためらわずにノンと言う

猫さんのように生きる

私は人間よりも猫さんの方が好きなので、猫さんのように生きるという方がしっくりします。ロールモデルも見つけやすいですし。

なので、猫さんのように生きればいいんじゃん!とあらためて気づかされました。

たまき

私がよく読んでいる服部みれいさんの本に書いてあることは、猫さんのように生きていれば実践できると分かりました。

わかりやすい文章で人生の本質が書いてあり、読みやすくてオススメです♪

猫指数を知るテストもついていますよ。

レクタングル大

関連記事

Cat’s Meow Books(キャッツ ミャウ ブックス)

【三軒茶屋】猫本専門書店「Cat’s Meow Books(キャッツ ミャウ ブックス)」に行ってきました

三宿まで自転車で行ったので、気になっていた猫本の専門書店に行ってきました。 猫がいる猫本だらけ

記事を読む

月刊猫とも新聞

『月刊猫とも新聞』2017年5月号の特集は「猫さんは小首をかしげる」です

購読している猫の情報満載のタブロイド紙「月刊猫とも新聞」の最新号が届きました。 2017年5月号の

記事を読む

猫侍

白猫の玉之丞がかわいい映画「猫侍 南の島へ行く」のDVD

北村一輝さんが演じる主人公・斑目久太郎と白猫・玉之丞が活躍する「猫侍」の劇場版第2弾『猫侍 南の島へ

記事を読む

にゃん電

【西鉄貝塚線】猫のラッピング電車「にゃん電」に乗りました

先週の日曜日、猫の島として人気の相島(あいのしま)に行ってきました。 相島から帰るときに、西鉄

記事を読む

くまたまひなたぼっこ

猫情報満載のタブロイド紙「月刊猫とも新聞」の取材を受けました

昨年秋から、猫情報満載のタブロイド紙「月刊猫とも新聞」を購読しています。 お出かけ情報が充実

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「第3回 ねこまつり at 湯島 ~猫でつなぐ湯島のまち~」のツアーに参加しました

2016年9月13日(火)~10月2日(日) まで「ねこまつり at 湯島 〜猫でつなぐ湯島のまち〜

記事を読む

おへそ

大人になるとわかりにくい猫の「おへそ」

日曜日に見に行った「ねこの○○展(ねこのまるまる展)」では、猫のパーツごとに写真が展示されていました

記事を読む

ぽー

【青山】TOBICHIでやさしいねこ「ぽー」の写真展を見ました

青山にあるTOBICHI②で2/1〜2/12まで開催された「ヨシタケシンスケ&猫のぽーTOBICHI

記事を読む

ちよだ猫まつり2019

「ちよだ猫まつり2019」に行ってきました

今年も、ちよだ猫まつりに行って来ました。 >>>2017年と2016年にも行きました 千

記事を読む

猫が見ていた

猫好き作家によるアンソロジー「猫が見ていた」を読みました

「猫が見ていた」を図書館で借りて読みました。 湊かなえさんや井上荒野さんなど、豪華作家陣によるアン

記事を読む

レクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

たまきフォトチェック写真
須崎動物病院のフォトチェック用の写真を撮りました

たまきの健康診断として、須崎動物病院のフォトチェックを受けることにしま

木彫りノミとふみお
初めて買った木彫りノミをチェックする猫

お彫刻教室に通って、木彫りを習っています。 教室ではクスノキを鑿(ノ

立花隆事務所 猫ビル
【文京区】巨大な黒猫さんの顔が描かれている「立花隆事務所 猫ビル」

文京区小石川にある立花隆事務所を見に行きました。 猫好きジャーナ

猫ちぐらに入るふみお
オス猫には自分だけの場所が必要だと今さら気づきました

うちには2匹の猫がいますが、専用のベッドはありません。 オス猫の

歩き回るたまき
エサを待つ間「ペットの夢こたつ」の周りを歩き回る猫【動画】

前にも書きましたが、たまきはエサを待つ間、ぐるぐると歩き回ります。

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑