*

【月命日】くまが旅立って1年が経ちました

※ このブログではアフィリエイト広告を利用しています

公開日: : くま, くまたま

くまが旅立ったのは、1年前の今日でした。

もう1年が経ったかと思うと、感慨深いです。なんだか、あっという間な気もします。

この1年で、私は成長できたのかなと思います。くまに恥じない生き方ができてるんだろうかと。

くまのお骨

くまのことを思うと、涙が出ます。アニマルコミュニケーションを受けてから後悔はしなくなったので、悲しいのと寂しいのとで、泣けます。

去年の今日、外出する私がくまを最後に見たのは、風呂のフタの上でした。

風呂のフタの上のくま

お風呂が好きな猫

たまきもお風呂のフタの上で過ごすのが好きです。

風呂のフタの上のたまき

うちに来て1ヶ月が経ったふみおは、床で寝そべっていることが多いです。

風呂場のふみお

この前、初めて風呂のフタの上に乗ったんですが、たまきに怒られていました。

風呂のフタの上のたまき

虹の橋で再会したい

三茶のキャッツミャウブックスで知った「虹猫喫茶店」を読みました。

「虹猫」は猫のいる喫茶店で、人間よりもずっと猫が好きなサユリさんが経営しています。

飼い主に愛されて死に別れたペットはみんな、虹の橋のたもとで主を待っていてくれるのだという。つまりそれが『虹猫』という店名の由来なわけで、サヨリさんはすべての猫に虹の橋で再会できる飼い主を見つけてやりたいと思っている。

私もくまと虹の橋で再会したいです。

created by Rinker
¥748 (2024/05/26 14:26:24時点 Amazon調べ-詳細)

レクタングル大

関連記事

天袋のかごに入る2匹

天袋のかごで寝る2匹の猫

昨夜は冷え込んだので、くまが久しぶりにリビングで過ごしていました。寝る時も、くまがベッドにやって来て

記事を読む

ふみお

外に出ようとしない猫

玄関を開けるのは、自転車の出し入れをする時や荷物が届いたときです。 逃げた猫さんを探している投

記事を読む

たまき

寝室で過ごすようになった猫たち

くまが、数日前から寝室で過ごすようになりました。 これまでは、リビングのこたつに居たのですが、暖か

記事を読む

メイズバスケットに入るたまき

メイズバスケットに部屋着と一緒に入る猫

最近たまきは、部屋着を入れているかごが気に入っています。 朝も夜も、気づいたらかごの中に入って

記事を読む

たまき

クッションの上で寝る猫たち

1階のリビングの石油ファンヒーターの前で、たまきとふみおが寝ていました。 2匹それぞれ

記事を読む

スリッパを枕にするたまき

玄関でスリッパを枕に寝る猫

たまきはスリッパが好きです。前足を、先端部分に入れてスリッパに乗っていることもよくあります。

記事を読む

たまきのあくび

石油ファンヒーターの前であくびをする猫

エアコンは苦手なので、冬は石油ファンヒーターとカーボンヒーターを使っています。 メインは石油フ

記事を読む

ビニール袋

たまきの反抗

珍しく残業して帰りが1時間遅くなったら、ビニール袋がリビングに落ちていました。 かじられて穴が

記事を読む

ふみお

2階から降りてこなかった留守中の猫

母の三回忌のため、先週末は1泊2日で帰省しました。 留守中の猫の世話を、ペットシッターさんにお

記事を読む

ふみお

調整能力が高い猫

大好きな中島京子さんの小説「やさしい猫」の中に、 梅酒に入っている青梅は、わたしも小さいころからお

記事を読む

レクタングル大

アニマルコミュニケーションテキスト
アニマルコミュニケーションの復習&モニターさん募集

アニマルコミュニケーションを学ぼうと思ったのは、一緒に暮らす猫の気持ち

ブラッシングふみお
猫型ラバーブラシ「KONG」で換毛期の猫をブラッシング

今朝、目覚めたとき、ふみおはバリバリボウルで寝ていました。一緒にベッド

玄関ふみお
玄関で風を感じる猫

換気をするとき、窓と玄関を開けて風が通り抜けるようにしています。ドアは

黒白猫さん木彫り猫
木彫り猫の蝶ネクタイとマフラー

手を広げるポーズの黒白猫さんをクスノキで作りました。高さ20cmです。

ふみお
かーちゃんの心配をする猫

ふみおが大きな声で鳴き続けることがあるのが気になって、1年半ぶりにアニ

黒白猫さん木彫り猫
手を広げる黒白猫さんを木彫りで作りました

タキシード柄の木彫り猫を作りました。二本足で立つ黒白猫さんは、両手を広

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:ふみお
    性別:オス
    4月生まれの黒猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑