*

茶トラ白猫の歩き猫を木彫りで作りました

公開日: : 猫芸術 ,

木彫りで猫を作っています。

バンナイリョウジさんの歩く猫の作品を参考に、キジトラ白猫グレーの猫を作りましたが、3体目は茶トラ白猫さんにしました。

歩く猫3体目

ヒノキの端材を使用

東急ハンズで買ったヒノキの端材をマキタの糸ノコでカットし、彫刻刀で彫りました。

東急ハンズの端材

▼天然木曽檜の袋詰を使っています。

着色の前に下地を塗り、アクリル絵の具で色を塗りました。

柄の参考本

この木彫りのモデルとなった猫さんはいません。

たまきも茶トラ白ですが、柄は「猫の毛色&模様 まるわかり100!」を参考に着色しました。この本は、猫の毛色と柄について詳しく書いてあり、写真も多いので、よく見ています。

顔の柄は、アシンメトリーのハチワレにしてみました。

歩く茶トラ白猫さん

木彫りは彫るのも楽しいですが、色塗りも楽しいです。

歩く茶トラ白猫左

しっぽまで一体ですが、彫っている時に落としてしまい、しっぽが折れたので接着剤で付けました。

歩く茶トラ白猫後ろ

足はうまく出来ませんでした。次がんばります。

歩く茶トラ白猫右

アクリル絵の具で着色

いつも厚塗りになるんですが、今回は私の中では薄塗りな方です。

歩き猫

バンナイさんによると、色を混ぜない方が良いそうですが、手持ちの絵の具でやっているので、混ぜて使っています。

乾燥が早い

アクリル絵の具はすぐ乾燥するので、パリで絵を描いていたときは紙のパレットを使っていました。

アクリル絵の具は、乾くともう水で落ちないので、普通のパレットを使うと色が分かりにくいんですよね。

▼束になったパレットが市販されています。使い捨てです。

乾燥を防ぐために、絵の具に霧吹きで水をかけたり、ラップをかけたりする人もいます。

でも、面倒くさいので、私は少しずつ絵の具を出して使っています。

アクリル絵の具

木彫り猫の着色では、そんなにたくさん絵の具を使うわけではないので、今はふつうの紙をパレットがわりにしています。

今朝のたまき

たまきは最近、リビングの窓際に置いたイケアの「DUKTIG 人形用ベッド」で寝ています

眠るたまき

たまきがなめる力は強くて、顔をなめられると、ものすごく痛いです。

唾液の量も多いのか、たまきが自分の体をなめた後も、毛並みがうねうねします。

たまきのなめたあと

一生懸命なめてるんですが、そうは見えないんですよね(^_^;)

レクタングル大

関連記事

安田ジョージさんの猫

安田ジョージ展「路地裏動物園」で木と布で作られた猫さんを見ました

根津・千駄木まつりに出かけ、近くを歩いていて、展覧会の案内を見つけました。 ギャラリーマルヒで

記事を読む

三毛猫さん正面

木彫りで三毛猫さんを作りました

バンナイリョウジさんの小さな木彫りの猫を見てから、いくつか木彫りの猫を作っています。 先日、三

記事を読む

JO SONJAオールパーパスシーラー

木彫り猫の下地材に「JO SONJA(ジョーソニア) オールパーパスシーラー」を買いました

木彫り猫を作る時は、アクリル絵の具を使って着色しています。 バンナイリョウジさんのワークショッ

記事を読む

今日も1日きみを見てた

「今日も一日きみを見てた」を読みました

好きな作家の一人である角田光代さんのエッセイ「今日も一日きみを見てた」を読みました。 漫画家の西原

記事を読む

中村橋の黒猫さん

中村橋で猫散歩

今年は歌川国芳の展覧会がいくつもありますが、先日、練馬区立美術館へ「国芳イズム―歌川国芳とその系脈 

記事を読む

エサを食べる茶トラ白猫さん

松山庭園美術館の「仔猫カフェ」で4匹の子猫さんと触れ合いました~その2~

松山庭園美術館の「猫ねこ展覧会2017」を見に行った日は、美術館のお庭で食事をしました。 そのあと

記事を読む

マイキークリスマス

松屋銀座のクリスマスはリサ・ラーソンの猫「マイキー」がキャラクター

丸の内のKITTEへ行った後は、「ムーミン絵本の世界展」を見に松屋銀座へ行きました。 スペ

記事を読む

寅多ティティ

ほしよりこさん作の寅多ティティが可愛い「とらやパリ35周年祭」

猫がいる居酒屋「赤茄子」に一緒に行った職場の同僚は猫好きです。 彼女が以前、ほしよりこさんのマ

記事を読む

蘭丸

ビリケンギャラリーで「猫ラボ個展ー猫のいるところー」を見ました

青山のビリケンギャラリーに、猫ラボさんの個展を見に行きました。 羊毛フェルトの小さな猫たち ビリ

記事を読む

国芳とねこ

日比谷カレッジの「国芳とねこー動物愛と江戸絵画」を受講しました

先日、千代田区立日比谷図書文化館で行われている「日比谷カレッジ」に参加しました。 日比谷図書文化館

記事を読む

レクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サビ猫さんに指
谷中墓地のキジトラ猫さんとサビ猫さん

日曜日は谷中へ行きました。 猫さんを求めて、谷中霊園を散歩してい

たまきのあくび
石油ファンヒーターの前であくびをする猫

エアコンは苦手なので、冬は石油ファンヒーターとカーボンヒーターを使って

ビニール袋
たまきの反抗

珍しく残業して帰りが1時間遅くなったら、ビニール袋がリビングに落ちてい

黒猫さんたち
【若松区】新聞販売店の仲良し猫さんたち

地元での法事の後、食事をしたお店の駐車場の近くで、茶トラ白猫さんを見か

屋根の上の猫さん
【若松区】屋根の上の猫さん

10月に帰省した時にも見かけた猫さんに、また会うことができました。

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれのアラフォー
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑