*

歌川国芳×山東京山「おこまの大冒険~朧月猫の草紙~」を読みました

公開日: : 猫芸術 ,

府中市美術館「歌川国芳 21世紀の絵画力」を見に行った時、ミュージアムショップで山東京山・作、歌川国芳・絵、金子信久・訳著の「おこまの大冒険」(2,700円)を彼に買ってもらいました。

猫好き作家ふたりの読み物

「朧月猫の草紙」は、江戸時代に発売された読み物です。
小説家の山東京山(さんとうきょうざん)が物語を書き、浮世絵師の歌川国芳が絵を描いています。

「おこまの大冒険~朧月猫の草紙~」は、府中市美術館の学芸員の金子信久さんが訳と説明を書いています。

おこまの大冒険

ちなみに山東京山は、有名な戯作者、山東京伝の弟なんですね。知りませんでした。

波乱万丈の猫生涯

主人公は、鰹節問屋の飼い猫・おこまちゃんです。とある事件から、オス猫のとらさんと駆け落ちしますが、その後波乱万丈の猫生を送ります。

この本は忠実な現代語訳ではなく、難解な部分は割愛したり、説明が補ってあり、現代人が読みやすいようになっています。

おこまの大冒険

「ちょっかい」や「香箱を作る」など、言葉の響きを生かした訳となっています。

猫好きの心に染み入る言葉

歌川国芳の猫の描き方

おこまちゃんたちは、猫の姿のときと、人間の姿のときとがあります。人の姿の時は、髪の毛に見えるよう、頭が黒くなっています。

登場人物

うちの猫と同じ「くま」という名前の猫が登場しますが、乱暴者です。

乱暴者のくま

おっとりした性格のうちのくまとは大違いです(ΦωΦ)

かごの中のくま

江戸時代の猫の暮らし

江戸時代の猫の食器は「鮑の殻」だそうです。魚やかつお節(をかけたご飯)を食べているようです。

猫の食器

「猫の毛色&模様 まるわかり100!」にも写真が載っていました。

猫の食器

金子信久さんの猫愛

著者の金子信久さんの猫愛あふれる解説も素晴らしいです。

おこまが屏風を踏んでいる場面で、

おこまと屏風

余計な話だが、かわいい足跡が付いたことだろう。

と書いてあります。

解説でも、おこまの最後に涙したと書いてあります。

日比谷カレッジで受講した「国芳とねこー動物愛と江戸絵画」では、猫の写真のサンプルとして、はっちゃん日記のはっちゃんの写真を使っていました。

金子さんは、はっちゃんの死にもさぞや心を痛めたことと思います。

しおりのかんざし

しおりはかんざしの形をしています。このかんざしは本文に登場します。

おこまの大冒険しおり

猫好きさんにオススメ

江戸時代の読み物だけあって、敵討ちや生き方を説くところなど、天保の改革の影響を受けています。

読みごたえがありました。江戸時代の本は訳がないと読めないし、説明がないとわからないので、「おこまの大冒険」はとても良い本だと思います。

歌川国芳の猫の絵も素晴らしいので、猫好きさんにもオススメです。

レクタングル大

関連記事

黒白猫すずのすけくん

【浅草】ギャラリーエフの看板猫さんと「元祖ふとねこ堂 逸品展」

看板猫さんがいる浅草のギャラリーへ行って来ました。 クロスバイクを隅田公園の駐輪場に停めて、歩いて

記事を読む

たまきと招き猫

豪徳寺で「招き猫」を買いました

招き猫発祥の地と言われる「豪徳寺」に行ってきました。 境内には、招き猫が多数奉納されていました

記事を読む

ターンテーブルと木彫り猫

サンワダイレクトのターンテーブルと木彫り猫

お彫刻教室の先生から、作品を見るときに「フィギュアの回転台があるといい」と聞いていました。 先

記事を読む

猫なんて!

「猫なんて! 作家と猫をめぐる47話」を読みました

「猫なんて! 作家と猫をめぐる47話」を読みました。シンプルなイラストが表紙です。 著

記事を読む

いるの いないの

猫がたくさん出てくる怪談絵本「いるの いないの」

京極夏彦さん作、町田尚子さん絵の怪談えほん「いるの いないの」を読みました。 三毛猫さ

記事を読む

古流曙会会長 家元 吉野理里之像 たまの会

【恵比寿】猫を抱く女性の銅像「古流曙会会長 家元 吉野理里之像」

恵比寿駅西口から線路沿いを歩いて5分ほどの場所に、銅像があります。 たまの会 座布団

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東急にゃんずの「猫毛フェルトの指人形」を作るワークショップに参加しました

3/19に東急ハンズ新宿店で行われたワークショップ「【猫の隠れ家工房】猫毛フェルトの指人形」に参加し

記事を読む

ヘルメットを被った猫

猫屋敷(西武ドーム)のヘルメットアイス

埼玉県所沢市にある西武ドームは猫屋敷とも呼ばれていることを、以前書きました。 私は広島

記事を読む

プフとノワローのいえづくり

表情が豊かで、話が面白い絵本「プフとノワローのいえづくり」を読みました

月刊猫とも新聞の絵本特集で知った「プフとノワローのいえづくり」などを読みました。 「カロリーヌ

記事を読む

赤羽カービー

【赤羽】道刃物工業の彫刻刀のお店「カービー」に行ってきました

ヒノキを彫刻刀で彫って猫を作っていますが、彫りあとが汚いのと、頭に穴が開くことがあり、気になっていま

記事を読む

レクタングル大

木彫り作家くみん名刺
木彫りショップ「kumineco」

ときどき木彫り猫の販売について聞かれるのですが、このたびショップを作っ

アニマルアートの冬
「アニマルアートの冬」が始まりました

今週末はイベント「アニマルアートの冬」に出展しています。会場には暖房が

名無しちゃん
名無しちゃんの冬仕度

彼から名無しちゃんの写真が送られてきました。 入間市の工

木彫りトラ
招き猫のポーズの虎を木彫りで作りました

招き猫のポーズの虎を作りました。トラを作ったのは初めてです。大好きな動

ふみお
【月命日】人が来たら逃げるようになった猫

いただいたギフトセットに、ドリップバッグのコーヒーが入っていました。

サビ猫さん木彫り猫
しっぽが長いサビ猫さんを木彫りで作りました

サビ猫さんを木彫りで作りました。長いしっぽは後ろに伸ばしています。サビ

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:ふみお
    性別:オス
    4月生まれの黒猫
    プロフィール
  • 2022年12月
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑