*

歌川国芳×山東京山「おこまの大冒険~朧月猫の草紙~」を読みました

公開日: : 猫芸術 ,

府中市美術館「歌川国芳 21世紀の絵画力」を見に行った時、ミュージアムショップで山東京山・作、歌川国芳・絵、金子信久・訳著の「おこまの大冒険」(2,700円)を彼に買ってもらいました。

猫好き作家ふたりの読み物

「朧月猫の草紙」は、江戸時代に発売された読み物です。
小説家の山東京山(さんとうきょうざん)が物語を書き、浮世絵師の歌川国芳が絵を描いています。

「おこまの大冒険~朧月猫の草紙~」は、府中市美術館の学芸員の金子信久さんが訳と説明を書いています。

おこまの大冒険

ちなみに山東京山は、有名な戯作者、山東京伝の弟なんですね。知りませんでした。

波乱万丈の猫生涯

主人公は、鰹節問屋の飼い猫・おこまちゃんです。とある事件から、オス猫のとらさんと駆け落ちしますが、その後波乱万丈の猫生を送ります。

この本は忠実な現代語訳ではなく、難解な部分は割愛したり、説明が補ってあり、現代人が読みやすいようになっています。

おこまの大冒険

「ちょっかい」や「香箱を作る」など、言葉の響きを生かした訳となっています。

猫好きの心に染み入る言葉

歌川国芳の猫の描き方

おこまちゃんたちは、猫の姿のときと、人間の姿のときとがあります。人の姿の時は、髪の毛に見えるよう、頭が黒くなっています。

登場人物

うちの猫と同じ「くま」という名前の猫が登場しますが、乱暴者です。

乱暴者のくま

おっとりした性格のうちのくまとは大違いです(ΦωΦ)

かごの中のくま

江戸時代の猫の暮らし

江戸時代の猫の食器は「鮑の殻」だそうです。魚やかつお節(をかけたご飯)を食べているようです。

猫の食器

「猫の毛色&模様 まるわかり100!」にも写真が載っていました。

猫の食器

金子信久さんの猫愛

著者の金子信久さんの猫愛あふれる解説も素晴らしいです。

おこまが屏風を踏んでいる場面で、

おこまと屏風

余計な話だが、かわいい足跡が付いたことだろう。

と書いてあります。

解説でも、おこまの最後に涙したと書いてあります。

日比谷カレッジで受講した「国芳とねこー動物愛と江戸絵画」では、猫の写真のサンプルとして、はっちゃん日記のはっちゃんの写真を使っていました。

金子さんは、はっちゃんの死にもさぞや心を痛めたことと思います。

しおりのかんざし

しおりはかんざしの形をしています。このかんざしは本文に登場します。

おこまの大冒険しおり

猫好きさんにオススメ

江戸時代の読み物だけあって、敵討ちや生き方を説くところなど、天保の改革の影響を受けています。

読みごたえがありました。江戸時代の本は訳がないと読めないし、説明がないとわからないので、「おこまの大冒険」はとても良い本だと思います。

歌川国芳の猫の絵も素晴らしいので、猫好きさんにもオススメです。

レクタングル大

関連記事

猫の傀儡

西條奈加さんの小説「猫の傀儡」を読みました

日本の小説をよく読みます。気に入った作家さんができると、作品を一気に読みます。 最近は、西條奈加さ

記事を読む

額に入れたくまたまの写真

A4サイズが安い!ネットプリントの「どんどんプリント」で写真を印刷しました

ミラーレス一眼レフカメラをプレゼントしてもらったのがきっかけで、ブログを始めました。 写真のほとん

記事を読む

たまきとふみおの木彫り猫

うちの猫をモデルに2本足で立つ木彫り猫を作りました

2本足で立つたまきとふみおの木彫り猫を、彫刻教室で作りました。 >>>リアル系の猫2体も同時に

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「真夜中に猫は科学する」を読みました

猫本専門「神保町にゃんこ堂」で購入した「真夜中に猫は科学する エクレア教授の語る遺伝や免疫のふしぎ」

記事を読む

ポストカード

「MOE」の読者プレゼントでヒグチユウコさんのポストカードが当たりました

ヒグチユウコさんのオリジナルグッズが当たり、ポストカードが送られてきました。 MOE11月号で

記事を読む

GUSTAVEくん by HIGUCHI YUKO

ヒグチユウコさんの絵本「ギュスターヴくん」の原画展を見てきました

ヒグチユウコさんの「ボリス絵日記」やMOEの特集を読んで、原画が見たくなりました。 G

記事を読む

エサを食べる茶トラ白猫さん

松山庭園美術館の「仔猫カフェ」で4匹の子猫さんと触れ合いました~その2~

松山庭園美術館の「猫ねこ展覧会2017」を見に行った日は、美術館のお庭で食事をしました。 そのあと

記事を読む

手帳とボールペン

「3月のライオン11巻限定版」の手帳とフリクションボールノックが可愛い(ΦωΦ)

私はあまりマンガを読まないのですが、羽海野チカさんの「3月のライオン」だけは単行本を買っています。

記事を読む

猫のいる日々

大佛次郎さんのエッセイ集「猫のいる日々」を読みました

作家の大佛次郎さんは、75年の生涯で500匹以上の猫と暮らしたそうです。 500匹以上の猫と暮

記事を読む

ふみおと木彫り猫

黒猫さんの木彫りを作りました

木彫りで黒猫さんを作りました。エジプト座りをして、やや上向きの顔です。 形に納得がいか

記事を読む

レクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

パステル三毛猫さん木彫り猫
パステル三毛猫さんを木彫りで作りました

見上げるパステル三毛猫さんの木彫り猫を作りました。モデルはいません。

グレー白猫さん木彫り猫
グレー白猫さんを木彫りで作りました

上を見るグレー白猫さんの木彫り猫を作りました。モデルはいません。 グ

茶トラ白猫さん
耳の先端の毛「リンクスティップ」が長い猫さん

茶トラ白猫さんを前に見かけたあと、写真を見たら、耳が長く見えてビックリ

茶トラ白猫さん
靴のにおいをチェックする茶トラ白猫さん

外で猫さんに会うと、足元をくんくんされてニオイをチェックされます。

茶トラ白猫さん
赤い車の前にいた茶トラ白猫さん

夕方の散歩中に、何度か見かけたことがある猫さんを見かけました。

→もっと見る

  • 名前:くみん
    性別:女
    3月生まれの猫的人間
    プロフィール

    名前:くま
    性別:オス
    8月生まれの黒猫
    プロフィール

    名前:たまき
    性別:メス
    5月生まれの茶トラ白猫
    プロフィール
PAGE TOP ↑